スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
自動車広告@RedBull


最近、「Red Bull翼をさずける」のCMでもお馴染みのRed Bullの宣伝カーを見
つけたので撮影しました。 

レッドブル(Red Bull)とは、オーストリアのレッドブル社のエネルギードリンク。
日本では、リアルゴールドやオロナミンCなどがこの分野の市場を占めているが、
アメリカ、ヨーロッパでは、このレッドブルだそうです。

このレッドブルの商品の発祥は、レッドブル社の社長、ディートリッヒ・マテシッツ
(Dietrich Mateschitz)氏が、香港のマンダリンホテルのバーで、トニックドリンク
(tonic drinks)と呼ばれているドリンクを、アジア以外の地域で売り出すアイディア
を思いついたことがそのスタートであるそうです。

道行く人が振り返り見ていてすごい広告宣伝になっているなぁ~と思いました。
(ウエスタン系の服装をした女性が乗っていたからかも?)

staff:yutaka
2006.10.4撮影
スポンサーサイト
【2006/10/04 19:13】 | 自動車広告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
看板@ダンディハウス
korede.jpg


これでヤセなきゃあきらめる?

太っている人やダイエットに関心のある人には目を引くコピーではないでしょうか。

この会社がどんなところか気になりダイエット食品会社かと思い調べてみると何とエステ会社、

それも・・・ 男性のエステ・・・ エステといえば女性のイメージがありますが男性の専用エステが最近、増えている様ですね。(僕はあまり興味ありませんが・・・)
興味のある方は・・・「ダンディハウス

以前に比べれば美容に関心を持ち、化粧までしている男性が増えつつあるのではないでしょうか。

そう考えると現在の男性に対するニーズにあった商売をされていますね。

時代のニーズにあった製造や販売、企画が必要不可欠であると思います。

staff:yutaka
2006.8.7撮影
【2006/08/09 16:41】 | 自動車広告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自動車広告@ネスレPart2
ネスレのキットカットの由来は18世紀、イギリスに「Kit Kat Club」という政治社交クラブがあり、このクラブは、オーナーのChristpher Kat(クリストファー・カット)さんがKitというニックネームで呼ばれていたことから、このような名前が付けられ、「KIT KAT」となったという説があるそうです。
イギリス生まれで日本育ちのキットカットは1973年に日本で発売されたそうです。

今回は、キットカットの自動車広告です。
コカ・コーラの車は、頻繁に見ますが最近よく見るようになったのがキットカットの車ですね。皆さんもご存知だと思いますが自動販売機のジュースの片隅にチョコレートやポテトチップが売られている事がよく見る理由かもしれませんね。

20060705180906.jpg


街中を走っているとやっぱり赤地に白抜き文字は目立ちますねぇ~
中華屋さんとかラーメン屋さんのテントもそうですし、確かコカ・コーラのデザインもですね。車に乗っているだけで商品の宣伝をしている効果的な一つの方法ですね。
staff:yutaka
2006.6.26撮影
【2006/07/05 19:04】 | 自動車広告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。